<   2009年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

アコ育成

 何時に寝ても5:00~5:30には目が覚めるリューディーです。おはようございます。

f0158738_623261.jpg キャラスロが増えて何作ろうか迷ったあげく、プリを目指すことになった私の新キャラ「渚 レイ」。とりあえずアコセット揃えようか検討中。まぁステ振りスキル振りはうちのG関係者に聞きながら育てていくことになるでしょう。
 まぁこれで女垢でセージが作れるので良しとしましょうか。本当は女垢で支援プリ作ろうかと思いましたが、特に消したいキャラもいないし、2PCにする気は今は無いし、そうなると週刊エタミラにも支障がきたすので女プリは諦めました。
 ・・・で、ssの紹介。女垢用に買いだめしたサクレを過剰すること20個弱、ssではホルグレンで過剰していたのですが全滅。腹がたったのでフェイヨンで過剰精錬。+7sサクレ2個完成。ゲイボルグのときもそうでしたが、なんか過剰精錬フェイヨンが相性いいようです。

f0158738_634341.jpg そしてアコ育成を開始する事2日目。初心者クエを済ませてアカデミーの依頼を次々とこなして自力を上げていく事まる1日。戦闘ほぼ無しでどんどんLvが上がっていく。1日かけて全ての依頼&試験をクリア。初心者赤ポが10K倉庫にたまりました。
 これが週末でGM揃っていれば、犬ビス相手にスパルタ転職コースなんだろうなぁ・・・。と思ってる自分がいる。

 とりあえずアマツD行けるようにしとこうか・・・。



f0158738_7414223.jpg ・・・で、昨日はLv40:33で狩り終了。
 ここからがアコ育成の鍵、どうやって育てていくかですね。最終的にはLv50転職したいところ・・・。目指すは支援TUプリなんですが、まぁうちのG関係者プリもち多いからスキル振りは相談できるし、自分が受けたい支援を持っているプリを想定し、育ててきたいなぁと思う今日この頃。
 BSにグロリアかけてやれないのがネックですが、G関係者にグロもちプリがいるし、自分にできることを優先してプリになりたいです。
 仮の話、2PCにでもなれば女垢増やしてリンカーや支援プリ作りたいのが実情。まぁ当面武器製造しないからいいか・・・、って思っています。

 それにしても、サクレの過剰でまたエル結構使ったなぁ。神の使者の過剰でどれだけ浪費するかが不安材料。400溜めたエルニウムも半分近く消費してるし、またパラでエルニウム狙うか、もしくは妥協して資金繰り終わり次第エルニウム買いだすかが悩みどころ。
 最終的にはローグの資金繰りが終わらないと先が見えません。

 ではまたネタを探して更新したいと思います。
[PR]

  by lywdee | 2009-07-30 08:00 | RO戦記 | Comments(0)

Eternal Mirage(31)

「ふわぁ・・・」
 大きなあくびとともに、寝巻き姿のル・アージュが髪を梳かしながら階段を下りてくる。そして鼻でクンクンと匂いをかぐと厨房からいい香りがしてきた。
(今日はシチューか)
「ルア姉おはよー」
 食卓にはすでに朝食を食べているネリスがいる。
「ん、おはよ」
 梳かし終えた長い髪を、いつものポニーテールに結い始めたところでフレアがさりげなくシチューをル・アージュの前に置いた。
「叔母さんは?」
「廃鉱」
「こんな朝早くから?」
 ネリスの返答をうけ、パンを口にしようとしたル・アージュは、ある疑問に思うことが浮かんだ。
「ネリス、あんた荷物もちにいかないの?」
 クリシュナが廃鉱にこもる時は嫌がおうにも連れて行かれるはずのネリスが目の前にいる。するとネリスはこう言った。
「スケワカが1層目に上がってきたから、重たくなったら入り口に立ってるカプラさんに預けるからいいって言ってた」
「廃鉱もか・・・」
 ここ最近、各ダンジョンやフィールドのモンスターの移動や種類が変わってきている事はル・アージュも知ってるが、まさか廃鉱まで変わってるとは思いもしなかった。
 ただ、ネリスとしては荷物もちから解放された事の方が嬉しいらしい。
「二人揃って何の話?」
 ネリスとの会話の途中からヴァーシュが割って入ってきた。
 ル・アージュとは違い、しっかり髪も梳かしていれば服装もちゃんと普段着を着ている。
 ル・アージュがヴァーシュに話の経緯を話すと彼女もまたモンスターの移動や種類が増えている事を理解していた。まぁヴァーシュの場合、リューディーが所属しているギルドの狩りなどでリューディーの代役として狩りに参加しているので、その辺の話は実感している。
 とは言っても、ヴァーシュが普段狩りをしているフィールドはたいして変わらない上に、代役で行くところでもそうそう代わり映えはしない。リューディーや彼の所属しているギルドからの情報が主であるのは確かだ。
 ネリスにいたっては、何も変わらない狩場なので実感がわかないようだが、狩りに行けないほうが辛いのも現実的だ。

 そのころクリシュナは・・・。

「さて、ル・アージュの分と男所帯の分、どれくらいカードが必要になるのかねぇ・・・」
 廃鉱の1層目で気合を入れていた。
[PR]

  by lywdee | 2009-07-28 08:40 | Eternal Mirage | Comments(0)

眠れぬ夜に・・・

 2時間ちょいしか寝てないリューディーです。時間的にはおはようございます。

 最近酷くなった不眠症を改善するために精神科通っております。ただ、薬に対する抵抗力が人より強いので、貰っている薬に対しても抵抗力ついちゃってほとんど効いてません。
 そんなわけでこんな時間から(現在4時です)ブログの更新です。

 週刊エタミラも早いことでもう30話も書いているのですね。ネタが無いわりにはよく続いたものだと思います。入場者も2500を多いにこし、エタミラ書くたびにちゃんと読めるだろうか? 話の内容にちゃんと沿っているだろうか? と、悩みながらも書いています。一部キャラクターに人気があるようですが、これからどう活躍させるか、他のキャラと対等になっているだろうかと模索中。まぁ個人差はあるようですが上手い事キャラクターのつながりを大事にしていきたいです。

 実際のラグナの現状ですが、やっぱりテンションあがらずちまちまローグを育てております。来週になればMDが聴けるコンポかラジカセ買ってくるので、そうなればお気に入りの曲聴きながらの狩りができるんでテンション上がると思う。

 リアルな話、最近飼い猫がひっきりなしに「かまって!」と抱きついてラグナやっていても平気でひざの上占拠したり、抱っこしたりとやりずらいといったらきりがない。飼い主なんで仕方無しにかまってあげています。うちの仔甘えん坊なので、あまりにほったらかすとストレスで吐いてしまうんでそれが一番厄介。ちなみに書いている今もひざの上にいます。

 さて、もう眠気も完全に覚めてしまったし、ROにINするかな。
[PR]

  by lywdee | 2009-07-24 04:21 | 日常雑記 | Comments(0)

Eternal Mirage(30)

 ギィっと木のきしむ音が響く中、溶鉱炉で鉄を精錬していたセラフィーがドアに視線をうつす。
「おう、リューディーおかえり」
 くわえていたタバコを灰皿で無造作に消すと、セラフィーは精錬している手を休めリューディーの方へと歩み寄る。
「とりあえずお前さんの見立てどおりエルニウム400個集めたぞ」
「おお、でかしたでかした」
 リューディーの話を聞いてセラフィーはポンポンとリューディーの肩を叩いた。
「これで神の使者のSEとお前さんの盾の過剰精錬ができるな」
「それにしては数が多くね?」
 セラフィーが水の入ったコップをリューディーに渡すと、セラフィーは工房の隅にある椅子に座りニヤリと笑みをこぼす。
「過剰装備は他にもあるぞ」
「何・・・?!」
「まずメイルだろ。それにセイントローブにサークレット、今は金がなくてキープできないシーフクロース・・・」
「あぁ、わかったわかった・・・」
 エルニウムを大量に集めた意味を知って、リューディーは手をひらひらさせて話の腰を折る。
 要は使いまわしの装備などの過剰精錬を見越したものであるということだ。
「・・・で、本当に400個でたりるんだな?」
 怪訝そうな顔でセラフィーに細目で見つめるリューディー。
「たぶんな。まぁ足りなくなったら・・・」
「俺にまた集めてこいっていうんだろ?」
「わかってるじゃないか」とにやりと笑うセラフィー。それとは対照的にため息をこぼすリューディー。
 基本的にリューディーはよく騎士団に狩りに行く。エルニウム集めはそんなに苦にならないが、それほど量は取れないがエルニウムはそれなりに拾ってくるので、こういう時は真っ先に白羽の矢が立つことを理解している。
 まぁカード出してこいといわれるよりかは気が楽なのは確かである。
「とりあえず現段階じゃ過剰精錬はしないがな」
「シル・クスの資金繰りが終わるまでは、か・・・?」
 無言で頷くセラフィー。胸のポケットからタバコを取り出し火をつける。
「まぁ女所帯の武器の方は資金繰りが終わるまで手は出さない。当然神の使者もまだまだ先だ。何はともかく、今はシル・クスの資金繰り次第だな」
 感慨深げにタバコの煙をふかすセラフィー。
「それにしても・・・」
 リューディーがガラス越しに外を眺める。
「シル・クスって普段何してるんだ?」
 ふとわいた疑問がリューディーの頭をよぎる。
「あいつは風のようなもんだ。おそらくアルデバラン辺りで野宿でもしてんじゃね?」
 人事のように話すセラフィー。ネイチャが倉庫に溜まっていくのを見ているから生きている事ぐらいはわかってる。
「風は束縛のしようの無い存在だ。気にするだけ損だぞ」
 吸い終わったタバコを灰皿に捨て、また溶鉱炉に面と向かうセラフィー。どうやら鉄の精錬をしてるようだ。
 リューディーもさすがに疲れたのか、自室へ戻り鎧を脱ぎ去りベットへと倒れこむ。極度の疲労からの解放から、眠りにつくまでそうは時間がかからなかった。
[PR]

  by lywdee | 2009-07-21 08:57 | Eternal Mirage | Comments(0)

久々のニブル

 慢性鼻炎でティッシュを無駄に使っているリューディーです。こんにちわ。
 今回は日曜のG狩りと、最近のパラの狩りと、新しいパッチの準備のお話です。

f0158738_17475585.jpg まずは日曜のG狩り。新人さんを含めてウンバラでバンジー。新人さんにコツを教えてなんとかニブル街に勢揃い。実際G狩りでニブルなんて久しぶりなんですが、出発が遅く、しかも時間が経つに連れて人数が増えていく仕様。

 大体の面子が揃ってみなで渓谷を蹂躙。昔の人気狩場も今では閑散とし、うちのGの貸しきり状態で狩りを堪能。まぁGXが活躍できる狩り場なんて限られているし、一次会としては+5%もはいって正直うまうまでした。

 最近のG狩りはPD4だったり、名無しだったりと人気狩場が主でしたがたまにはニブルもいいもんですな。回りを気にせず狩りができるのはいいことです。

f0158738_1758245.jpg そして二次会のゲフェニア。
 こちらも久しぶりといえば久しぶりですね。
 個人的にはレアのアルシェピースが欲しかったんですが、そんな物簡単に出るもんでもないし、GX2名のWiz一人でも結構いけるもんだと感じました。

 前回きたときはGX3名でしたが、今回は2名なんでそんなに抱え込めず、SGで位置ずれ暴発なんてのもしばしば・・・。Wizいるときは風海東剣持ってた方が良いような気がしました。

 マスターがいないことにはまだG狩りの曜日が確定してないので、当面は日曜がG狩りの日になるでしょう。

f0158738_1810297.jpg ・・・で月曜日。

 エルニウム集めにまたも騎士団で狩りです。(性懲りもない)G狩り終了の際、残り9%までいっていたので、頑張ってGXで狩りをする。
 火曜日のメンテが8時からなので、徹夜でまずベースが91に。そして時間が足らずメンテ後に頑張ってJOBも上がりLv58に。正直辛かったけどこれでゴスペルLv6に。

 商圏も今はジョンダなので、エルニウムが400越すまで騎士団通いが続きそうですが、やることがいっぱいでローグまで手が回らないかもしれないような気もしますね。

f0158738_1829549.jpg そしてパッチできたアッシュバキュームのクエのため、ゼロピー集めをBSでする事に。場所はゲフェン↑マップです。人少ないし、プパcやsガードが手に入るし時間がかかるでしょうが、とりあえずゆっくり男所帯全員ぶんのゼロピーが集まるまでプパたたきながらゼロピーを集めていくのです。
 まぁ早速プパcもsガードも出ましたので幸先よさそうです。
[PR]

  by lywdee | 2009-07-15 18:35 | RO戦記 | Comments(0)

eternal Mirage(29)

 ある日の午後、セラフィーは女所帯の家の扉前に来ていた。
(ルアのペコが繋がられている。・・・ということは狩りには行ってないという事か)
 厩舎のペコペコを横目にコンコンと扉を叩くセラフィー。真っ先に出てきたのはフレアであった。
「セラフィー様こんにちわ。何か御用でも?」
「あぁ、ルアはいるのかい?」
「ル・アージュ様ならヴァーシュ様と買出しに出かけております。まもなく戻られると思われますので中でお待ちになられては?」
 そう言うと、セラフィーを家の中へと迎え入れようとするフレア。
「それじゃお言葉に甘えて・・・」と、カートの中から二振りの剣を取り出し中に入るセラフィー。
「あ、セラフィーさんこんにちわ~」
「よう、元気だったか?」
 居間でくつろいでたネリスがセラフィーに声をかけた。そしてまじまじとセラフィーの持つ二振りの剣に視線をむけた。
「その剣、もしかしてルア姉の?」
「あぁ、頼まれてたものが出来たんでな。とりあえず第一段階の報告しにきたついでだ」
 食堂の椅子に座るセラフィーにフレアが紅茶を差し出す。ネリスもセラフィーが持ってきた剣に興味があるのか、セラフィーの隣の椅子に腰を下ろした。
「ねぇ、抜いてみてもいい?」
「かまわんよ」
 紅茶を口にしながらセラフィーが答えると、ネリスは鞘から剣を抜いてジーっと見た後もう一振りの剣も同じように抜いてみた。
「二つとも属性剣じゃない・・・、これってクレイモアでしょ? 何が違うの?」
 まくし立てるように質問するネリス。
「ル・アージュが帰ってきたらわかるさ」

 数分後

「フレアー! 買出し終わったよー」
 買い物から帰ってきたル・アージュとヴァーシュがフレアを大声で呼ぶ。そして視線の先にはセラフィーがいる。
「あれ、なんでセラフィーさんがいるの?」
 鳩が豆鉄砲を喰らったような視線でセラフィーを見たル・アージュ。よく見るとテーブルに二振りの剣が置かれている。
「お帰りなさいませ、ル・アージュ様、ヴァーシュ様」
 少々遅れてフレアが二人を迎える。そしてテーブルに置かれた食材を整理し始めた。
「まさかこれって・・・」と、椅子にも座らずル・アージュは剣を一振り抜いてみた。そして同じようにもう一振りの剣も抜いてみる。
「もしかしてスロットエンチャントしてくれたの? しかも精錬まで済ませてある・・・!」
「そういう事、ドラゴンスレイヤーは金かかるから、そこまで金のかからん方を優先した」
「きゃー! ヴァーシュ、見て見て! あたし用の過剰装備よ!」
 二振りの剣を懐に抱きヴァーシュに見せる。
 とても嬉しいのか、あきれるネリスとヴァーシュを尻目にくるくると回ってみせるル・アージュ。そして落ち着いた頃、一つの疑問が生まれた。
「ねぇセラフィーさん。なんでSEの過剰クレイモアが二つなわけ?」
 素朴な疑問である。
「特化作るんだろ? 一本は中型、もう一本は大型特化作れよ」
「中型はわかるけど、大型特化あたし持ってるわよ?」
「ツーハンドソードでだろ。それ売って大型特化作り直せよ」
 頬杖ついているセラフィーの台詞に、ル・アージュはハッとした。
 確かに現在持っている大型特化はツーハンドソードだ。だがクレイモアなら持ち替えがしやすくなる。それを見越しての二振りだと理解した。
「いいなぁ・・・、私も過剰装備ほしいよぉ・・・」
 ネリスがテーブルに突っ伏して愚痴をもらす。
「あんたはすでに過剰防具と中型装備もってるでしょ! おまけに使いまわしも出来ないんだから我慢しなさいな!」
 まくし立てるようにネリスに怒鳴るル・アージュ。確かにネリスは過剰防具やそれに伴うカードも使用してある。ただし武器だけは過剰されずに中型特化になっている。
 ル・アージュの装備は一部ヴァーシュとの兼用になっているぶん、ル・アージュが怒鳴るのも無理が無い。
「落ち着け二人とも。それにネリス、お前さんの武器を過剰するのはいいが、露店にゃ稀にしか出ないし、調達したくても物が物だ。蛙退治に行けるヤツが限られてる。今は我慢しろ」
 そう言ってネリスを諭すと、セラフィーはやおら立ち上がり扉の前まで行く。
「とりあえず頼まれ物は確かに渡したぞ。残りはまだまだ先だから期待せずに待ってろよ」
 それだけ言うと、セラフィーは振り向きもせずに女所帯の家を出て行くのであった。
[PR]

  by lywdee | 2009-07-14 09:41 | Eternal Mirage | Comments(0)

閑話休題

 病院から帰ってきて疲れたから眠ったらもうこんな時間・・・。よく寝たリューディーです。

f0158738_16344355.jpg
 最近G関係者のハイプリ様と他数人でよく行くPD4。今回はハイプリ様と公平の組める、V騎士予定のナイトで行って、Lvが上がりました。
 未転生のLv80台前半には非常においしく、レモン積んで頑張って犬ビスにピアースをお見舞いする。ただ、白ポを積み忘れて赤バーになる事もしばしば・・・。
 今じゃすっかり人気の狩場と化したPD4じゃ、タゲの取り合いでかなりせわしく動き回らないとなかなかタゲが取れません。先行しても他のMOBに追われたりするのでBDSも併用して狩りをしております。
 せめてハイプリ様がパラと公平組めるLvまでは協力したいなぁと思っていますが、ソロの方が効率いいのかどうかわかりませんがみんなで楽しく狩りを堪能。同伴した公平組のクリエ様もジョブがあがったらしく、私の騎士がSP切れしないように預けた青ポをPPで回復支援していただきました。

f0158738_16465145.jpg そして今じゃすっかりAFK時の定番となったケミのホム放置して餌やってを繰り返し、ようやく親密度が普通になりました。たぶんこっから親しいまで長いんだろうなぁとつくづく思う。まぁ進化できるまで気長に育てていこうと思う今日この頃。

 1.5倍期間でホムのLvもだいぶ上がったのですが、ステ自体はまだ低いので、ウルフでもうしばらくがんばるしかないんだろうなぁ。ウルフ森(フェイヨン↓↓)も低Lv帯にはおいしい狩場となっているので、頭の悪いホムをうまく誘導しながら狩りをしていかないといけないんですが、気を抜くと他のキャラのウルフに奇襲かけてしまうので、ほんとに気が抜けない。

 昔はウルフなんてホルンより弱かったのに、今じゃたくましくなって・・・と、微妙なジェネレーションギャップを感じずにはいられません。

f0158738_16573229.jpg 最後に資金調達係のローグもLvが上がり、97まできました。

 この時点でクリシュナ(現チャンプ)の記録をぬりかえ、溜まったネイチャももうじき15K近くなって100M確定コースにはいっております。Lv99までで何個になるか楽しみですが、狩りのほうはすでにマンネリ化しています。刺激が欲しいわけじゃないけれど、自分らしくコツコツやっていくしかないんだなぁとつくづく痛感。
 まぁドロップ売りの小銭稼ぎで得た資金はある程度溜まってから女垢の騎士のため、+7sクレイモア作成に使用しているのが現状。1本は出来ているので@1本が欲しいところ。完成したらしたでしばらくは溜めてく予定。

 最近の唯一の楽しみは、発光した時点でどれだけネイチャが集まってるかです。転生?そんなもんおまけにすぎないよ。

 ではまたネタでも探しながら頑張っていこう。
[PR]

  by lywdee | 2009-07-08 17:30 | RO戦記 | Comments(0)

Eternal Mirage(28)

 ミョルニール山脈の中腹、かつて石炭や多くの鉱石が採掘されていた廃鉱の前に、二人の女性がたたずんでいた。
「私は夕方までプティット狩っているけど、ル・アージュはどうするの?」
 ゲイボルグ片手にクルセイダー「ヴァーシュ」が尋ねる。
「じゃあ私も夕方ぐらいまでには戻るわ」
 長い赤髪の髪をポニーテールに結いなおすと、騎士「ル・アージュ」は火クレイモアを抜いた。
 二人のお目当てはプティットcにスケワカcと、種類が違うがカードがお目当てのようだ。
「いつまでもクリシュナ叔母さんに頼るわけにはいかないもんね」
「そうね・・・」
「じゃあ夕方には落ち合いましょ」
 ル・アージュが廃鉱の入り口に向かうと、ヴァーシュもル・アージュに背をむけペコペコを走らせた。
「はぁ・・・、ネリスも連れて来れれば楽なんだけどなぁ」
 しぶしぶ廃鉱に入るル・アージュ。
 出かける直前にネリスに声をかけたが、ネリスは思いっきり首を左右に振って断れたのである。
 しかし来た以上手ぶらでは帰れないし、雑魚をよそに廃鉱の最下層までペコペコを走らせるのであった。

 その頃ヴァーシュは・・・、
「ル・アージュ大丈夫かなぁ? 叔母さんに木琴マフラー借りてたようだけど・・・」
 ル・アージュを心配しながら自分はスピアクイッケンを使用し黄色いオーラを身にまとい、ゲイボルグでプティットを狩り続けていた。

「ツーハンドクイッケン!!」
 廃鉱内にル・アージュの声が響き渡る。
 群れを成すスケルワーカーを自慢のクレイモアで次々と倒し続けていた。
「1時間2時間でカードが出れば苦労しないんだけどなぁ」
 倒せども倒せども出るのは鉱石ばかり、ル・アージュのテンションも下がり気味だが諦めるわけにもいかず、次々と襲い掛かるスケルワーカーをなぎ払っていく。
「叔母さんもよくこんなところに7時間8時間もいられるよなぁ・・・」
 ふとネリスの顔が浮かぶ。嫌がる様子が手に取るようにわかる。
(いっそのことネリスが狩りに来れば楽なんじゃないのだろうか?)
 荷物の受け渡しや物資の補給を考えればそれが一番妥当ではある。ただし、問題はネリス自身が廃鉱にい続けられるかどうかである。

 そして夕方。

「おかえり」
 ペコペコから降りて座っていたル・アージュがヴァーシュを見つけた。
「待った?」
「少しね」
 ヴァーシュがくると同時にペコペコにまたがるル・アージュ。お互いの顔を見合わせると収穫は無いものと苦笑いする。
「とりあえず帰るか」
「そうね」
 二人は荷物から蝶の羽を取り出し一度握り締めた後、空に向かって投げた。すると二人の身体が光に包まれ一瞬のうちにプロンテラまで飛んできた。

「姉姉おかえり~」
 家の扉を開けるとネリスが真っ先に迎えてくれた。どうやら風呂上りらしく赤髪がしっとりと潤って見える。
「叔母さんとフレアは?」
「おふろ~」
 明るく答えるネリス。さすがのル・アージュも「廃鉱に行けば」と言いたいのを必死にこらえる。
「とりあえず私たちもお風呂の準備しましょ」
「そうだね・・・」
 二人は自室に戻り鎧を脱いで着替えを用意する。そして一階に下りてくるとタイミングよくクリシュナがバスタオルを身体に巻いてお風呂から出てきたようだ。
「二人ともおかえり。その顔じゃカードは出なかったようだね」
 図星である。
「とりあえずさっさと風呂はいりなさい。それから御飯よ」
「はーい」
 二人が風呂場へ向かうのをみてクリシュナは思った。
(こりゃまた私の出番かもねぇ・・・)

 そうして女所帯の一日は終わった。
[PR]

  by lywdee | 2009-07-07 15:40 | Eternal Mirage | Comments(0)

お手伝い

 不眠症のためあんまり寝てないリューディーです。こんにちわ。

f0158738_9453447.jpg 1.5倍ウィークの間にホムを育ててやっとLv25に・・・、でも親密度は気まずいのままです。なかなか親密度って上がらないものですね。

 まぁそれなりに育ってはくれています。ウルフ程度ならまだ安心して戦ってくれています。1.5倍ウィークも終わったんで当分ケミは育てないと思います。ただ、親密度を上げるためAFK時には溜まり場に出てると思いますがね。

 ホムのAIはいじっていないので思い通りには動いてくれませんが(いじる気ないけど・・・)、早く進化させたいところですね。


f0158738_9542068.jpg 細かいssは撮っていないけど、最近はG関係者のLv上げとか手伝っております。土精行ったり犬ビス狩ったり・・・、といってももっぱら壁してるのが当たり前のように思っています。
 GXパラなんでHPとヒールがあるので壁役ぐらいしか出来ませんが、それでも耐えるだけならそんなに心配してないけれど実際G関係者のアコをプリに転職できるところまで引っ張って無事転職させられました。
 普段ソロリストな自分がG関係者のためにできることといえば壁役ぐらいしか貢献できませんがね。

 まぁなんだかんだで転職を見守って転職させられたのでよしとしましょう。

 私のローグ転生したら誰か引っ張ってくれないかな・・・? 期待してないけどね。

 ではまたネタ探ししながらローグをスリッパマップへ・・・、でも最近ローグやチェイサーがいるんで効率悪いのが実情。Lvも96と折り返しきているので中々育ってくれませんが地道に1セット2%の成長ですので頑張って発光目指そう。
 もし発光前にネイチャが30K到達したらどうしようか迷ってますが、一応ケミもウンバラ語クエ済ませているのでなんとかなるでしょう。

 ひそかな疑問。アイテム30K超えたらどうなるのだろう・・・?
[PR]

  by lywdee | 2009-07-03 10:09 | RO戦記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE