<   2010年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

電源落ちにもめげず・・・。

 最近電源落ちが激しくなって気がする我が家のPCに苦戦しているリューディーですこんにちあ。

f0158738_648397.jpg指貫安かったもんだから思わず衝動買いして、失敗するだろうなぁと思いつつSEに挑戦してみることにした。
 まぁ大きな期待はしていなかったんですが、これが偶然にも一発成功。あとはゼロムcさえあれば女垢のハムに装備できる。カードの方が高すぎるんですがね。カードは女垢で必死狩りしてれば出るとは思う。

 さて、溜めたエルニウムで過剰精錬したはいいけど、領主マントは9個中2個+7ができたのはいいとして、ヘルム、マント、メイルはみな失敗。成功率悪いなぁ。唯一の救いはキャンペーンかなんかで精錬費用が半額になっていた事。しかし神の使者をSEするとお金が一気に無くなるんで保留。資金できたらSEすることにしよう。

f0158738_743514.jpg ・・・で、パラの育成で電源落ちしたあげく、回線切れたはずなのに南無っていたのでほぼ死なない狩場、龍の城でチェイサー育てていたら通算五回電源落ちに遭う。騎士団だったらデスペナってるとこでしょうが、なんとかLvアップに漕ぎつき、チェイサーはLv66:35になりました。

 PCの電源落ちはどうしようもないのかも知れませんが、早くお金を貯めて2代目を買いたいところ。それまでは今のPCで我慢しながら狩りしていく事でしょう。少なくともスリッパ狩りができるLvになるまで土精相手かなぁ・・・ってな感じです。

 とりあえずお金溜まるまでチェイサーでも育てようと思う。お魚代ぐらいは稼げるはず。今日もめげずに土精でも狩っていよう。
[PR]

  by lywdee | 2010-04-30 07:15 | RO戦記 | Comments(0)

Eternal Mirage(70)

 カンカンと鎚打つ響きがプロンテラの郊外から鳴り響く。
 ブラックスミス「セラフィー」が工房で溶鉱炉を前に鋼鉄作りにいそしんでいたが、昼下がりになって全ての材料を使いきり、汗だくで居間のソファーに寝転んだ。
「お疲れさん」
 パラディン「リューディー」がそんなセラフィーにアイスクリームを差し出す。
「お、気が利くねぇ。ちょうど冷たいものが欲しかったところだ」
 差し出されたアイスクリームを手に取ると、セラフィーとリューディーは二人して居間でアイスクリームを食べ始める。
「・・・で、鋼鉄いくら溜まったんよ?」
「700強は出来上がった。ま、それでも足りない方だがな」
「700で足りないってどういう事よ?」
「仮の話、属性ダマスカス作るとして12回ぐらいしか挑戦できねぇ」
 よほど溶鉱炉の熱で暑くなったのか、あっというまにアイスクリームを食べきるセラフィー。そして彼のカートには大量の鋼鉄がつまさっている。
 製造に詳しくないリューディーでもそれを聞くと納得したのかふーんと気の抜けた返事を返す。
「それよりエルニウムはどうなんだ?」
「クリシュナさんがある程度稼いでくれたおかげで、あと5個ぐらいで予定の300は超す」
 リューディーもアイスクリームを食べきりパラディンの鎧を着始める。
「これから騎士団か?」
「あぁ、さっさとエルニウム溜めたいんでね」
「期待してるよ」
「しないでくれた方がありがたい」
 いつものやり取りがなされるなか、男所帯のドアを叩く音がした。
 リューディーがドアを開けるとそこにはスーパーノービス「ネリス」がいた。
「どうした?」
「クリシュナ叔母さんからの伝言・・・、当分廃鉱には行かないってセラフィーさんに伝えてって・・・」
「・・・だそうだ」
 ネリスの言葉をそのまま居間のセラフィーに伝えるリューディー。セラフィーも了解とばかりに居間で手を振っている。
「リューさんはこれから狩りですか?」
「あぁ、騎士団に行くところだ」
「いいなぁ狩り行けて・・・。私も狩りしたいなぁ」
 ぼやくネリスの頭をなでるリューディー。
「今は資金繰りと装備の精錬で手がいっぱいなんだろ? 今はみんな我慢しながら狩り行ったりしてるんだ。そのうち行けるよ」
 そう、優しく諭すとリューディーはペコペコにまたがり狩りに行こうとする。
 それに続き、セラフィーもカートを引っ張りカプラサービスのもとへ行こうとし始めた。
「ネリス、クリシュナさんによろしく言っといてくれ。鉱石類助かったってな」
「はぁーい、伝えときますー」
 こうしてネリスは女所帯へと帰っていく。その後姿を眺めると、セラフィーもカプラサービスの元へと出かけていった。

 一方、騎士団へと向かっていったリューディーはというと・・・。

「きたはいいが、エルニウムでるかなぁ?」
 グラストヘイム騎士団1階を素通りし、2階までやってきていた。
 クルセ時代からずっと来ている騎士団であったが、最近は他の冒険者も多く来ているためなかなか軌道に乗れない狩りをしているが、セラフィーらの期待を一身に受けているため、狩り自体肩が重たい状況だ。
 騎士団2階は高額カードも出るため、一攫千金を狙う冒険者があとを絶たない。それでもリューディーは必死にエルニウムを集めているのであった。
「まぁ頑張るか・・・」
 そしていつもどおりの狩りが始まる。いつか高額カードが出ることを願って・・・。
[PR]

  by lywdee | 2010-04-27 11:10 | Eternal Mirage | Comments(0)

スケワカ狩り終了

 電源落ちにも負けず今日も資金繰りしているリューディーです。こんばんわ。

f0158738_062098.jpg 鉄や石炭の都合上、受け渡しの負担を減らすため男垢課金して、GMの協力の下、垢間の受け渡しを終わらせました。

 そんでもってアインブロックで精錬開始、なんでアインなのかと言うと、はっきり言ってうるさいからです。
 精錬にいそしんだ理由は、石炭の数に鉄が足りなくなると踏んで早めに男垢に課金したからです。それでも鉄の在庫が600くらいまで減り、鋼鉄は合計で770個ぐらいまで増えました。それでも鋼鉄足りないと思うのよ。属ダマなんて12回ぐらいしか挑戦できないし、色々考えたらオリより消費が激しくなりそうです。

 何はともあれ鉱石類はあとエルニウムが20近く集めて300超えます。過剰精錬は300集まってからだなぁ・・・と考えております。

f0158738_026451.jpg
 そんでもって土曜日、埼玉組がネットできないとかってわけで知り合いの発光式に参加。でも誤発光してたんで枝折大会になってしまったんですけどね。

 いやー人多い上に大量のMobとスキルのエフェクトのおかげで処理が重い重い。そんな重い中3回ほど寝転びましたがそれなりに楽しめました。

 さぁ今月分は男垢でいくので、エルニウム集めとカード探ししながら装備の過剰もやっていこうと思っております。そんなんで更新は週一程度になってしまうでしょうがお見逃しを・・・。
[PR]

  by lywdee | 2010-04-25 00:33 | RO戦記 | Comments(0)

Eternal Mirage(69)

「雨、やまないね」
 窓越しで外を眺めるネリスがぼそっとつぶやく。
 春の長雨がつづくプロンテラで、ネリスはずっと窓辺で外を見ていた。
「こんな雨の中じゃクリシュナ叔母さんぐらいでしょ? 狩りに出てるのは・・・」
 食卓でリンゴを食べているル・アージュがネリスに言う。
「ダンジョンなら雨関係ないものね」
 ヴァーシュもそれとなく会話にまざる。
「クリシュナ叔母さんなら3時間ぐらい平気で篭るし、ワープポータルもあるから酷く濡れないうちに帰ってくるだろうね」
「そうね。カード出すって意気込んでたから当分帰ってこないかも・・・?」

 その頃クリシュナは・・・。

「ハークショイ!!」
 廃鉱の中でくしゃみしていた。
「土ぼこりのせいかな?」
 廃鉱に篭る事1時間、スケワカ退治しても出るのは鉱石類ばかりで少々心が折れ始めていた。
 それでもスケルワーカーやミストなどを退治し続けるクリシュナ。オートヒーリングのおかげでろくに怪我もせず廃鉱の中をぐるぐる回っている。
 ただ、最近人が増えたせいかスケワカ狩りの効率は下がっている。それでもセラフィー行きの石炭や鉄、鋼鉄などは順調に増えている。あとはスケワカカードが出て売れれば資金面もなんとか調達できる。クリシュナとしてもあと2枚はスケワカカードを出したいところではある。
「カード運きれたのかしら・・・?」
 一抹の不安がよぎるが、こればっかりは運頼みなのでなんともいえない。
 通り過ぎてくチェイサーやアサシンなどに負けないようひたすらスケワカを見つけては撲殺し続ける。
「今日は不調か他人のせいか? 余力を残して帰るか」
 言うが早いかさっそくワープポータルを出すクリシュナ。そして一瞬のうちにプロンテラに到着する。 
 集めた鉱石類をカプラに預けて家路へとダッシュで帰る。
「ただいま!」
 家に入るなりチャンプの衣装を脱ぎ始めるクリシュナ。その様子を見てフレアが替えの服を持ち出してクリシュナに渡す。
「叔母さん早かったね」
「人が多いから早めに切り上げただけさね」
 服を着ながらル・アージュの問いかけに即答するクリシュナ。
「そんなに人多かったんですか?」
「一人ぐらいなら気にしないけど、2,3人もテレポ狩りされるとミストばっか相手にしなきゃいけないから、効率考えて帰ってきた」
 着替えが終わると厨房でうがいをするクリシュナにそっと手ぬぐいを差し出すフレア。
「お風呂はもうじき適温になると思われます。それまで少々お待ちを・・・」
「予定より早く帰ってきたからねぇ、仕方ないから居間でくつろいでくるわ」
 居間のソファーに寝転びながらクリシュナは一人足りない事に気付いた。
「ルシアはどこ行った?」
 キョロキョロ辺りを見渡すがルシアの姿はなく、それに対してヴァーシュが説明を始めた。
「ルシア叔母様なら朝からジュノーに行くと・・・」
「また調べものかい? 困った妹だ・・・」
 呆れ口調のクリシュナはさっと立ち上がり自室へと向かう。どうやら風呂の準備らしい。

 数分後。

「クリシュナ様、お風呂の準備が・・・」
 フレアが戻ってきた時点でクリシュナはまだ自室にいるようだった。
「風呂の準備ができたんだって?」
 フレアの声が聴こえていたのか、クリシュナは下着姿で廊下にでてきた。手には着替えが用意されている。
「じゃあひと風呂浴びてくるわ」
 颯爽とクリシュナは浴場に向かっていく。
「クリシュナ叔母さん機嫌がいいみたいね」
「そうね。明日あたり朝から廃鉱行くんじゃないかしら?」
 二人の話を聞いていたネリスは、食卓の椅子に座って目をパチクリしていた。
[PR]

  by lywdee | 2010-04-20 12:02 | Eternal Mirage | Comments(0)

エンドレスタワー

 昨日のG狩りの一風景。

f0158738_14481182.jpg
 エンドレスタワーに行ってまいりました。

 チャンプでついていったのはいいのだけれど、実際阿修羅連発できないし、タゲを取る事さえもへたくそなのでたいした役にはたっていません。
 一応青ポ持参したんですが、使うことなくサバキャンで追い出される始末。人数多くてエフェクトも派手になると重くなるらしく、40階まで行けるかなぁっと思っていたら大半サバキャンになるようです。

 チャンプ範囲攻撃ないし、阿修羅も教授がいないと連発できないし、最近こんなんばっかでG狩りを満喫できていません。ちょっと寂しいわぁと思っていてもコレばかりは仕方ない。ホントはセージで行きたかったけど、Lv帯の都合上チャンプかクルセしか選べないし、火力としては一発屋なチャンプが選ばれるようなので、もうちっと頑張って育てなければと思うところであります。

 まじめにセージも育てないとなぁ・・・。

 ・・・というわけで今回はここまでです。
[PR]

  by lywdee | 2010-04-18 15:02 | RO戦記 | Comments(0)

最近の悩み

 4月だというのにまだ雪が降る北海道からおはようございます。リューディーです。

f0158738_9313175.jpg 最後に若cを出してから1週間経つんですね。というわけで久しぶりの若c、昨日出ました。
 今月分の課金も@10日程となり、クリシュナの狩りもペースアップしていきたいのですが、さすがに昔ほどモチベが保てないのと、PCの調子次第なのでそうも言っていられない。

 とりあえず毎日廃鉱通っているので、鉱石類は順調に集まっていってます。ただここで問題が・・・。
 石炭集まっていくのはいいのだけれど、肝心の男垢の鉄が1200~1500ぐらいだった気が? このままじゃ石炭の数より鉄の数がやばくね? と思うのですが、鉄鉱石まで集めるとなると受け渡し時1回で済まなくなりそうです。
 鉄鉱石、重いし数あるし、受け渡し協力してくれる方がいてもお手数かけてしまうのでそんなに鉄鉱石も拾っていられない。そのうえうちのPC、回線が重いのでccするたびに時間がかかってしまうのでお願いできる人も少ない。

 これは困った。

 とりあえず予定を変更して来月分の課金は男垢にして、ちょっと倉庫を整理しないとダメな気がしてきた。

 さらに困った事、それは若cの値段の急落。いつもは6Mで売ってるんですが、最近5.5Mぐらいで売ってる人がいるんで、6Mで出しても買い手がいなくなりそう。
 とにかく鋼鉄と資金のために廃鉱には通いますが、鉄の数がちょっと心配。おまけに若cのドロップと売値が下がるんじゃないかとこちらも心配。SEと過剰で資金が欲しいところなので、当分は廃鉱通いはやめられません。最悪パラディンで廃鉱行くことになるかも? まぁそんな事はないと思う。燃費悪いしね。

 まぁ何はともかく、資金繰りとドロップの都合で廃鉱引き篭もりはまだまだ続きそうです。

 PCのご機嫌伺いながら次のネタを探し出そう。
[PR]

  by lywdee | 2010-04-16 10:18 | RO戦記 | Comments(0)

Eternal Mirage(68)

 晴れ晴れとしたプロンテラの午後、ヴァーシュがベッドの上で大の字になっていた。
(やっぱり数が少ないのかな・・・?)
 ゴロンと横になったヴァーシュの目にゲイボルグがうつる。
 その時、コンコンとドアを叩く音がした。
「ヴァーシュ、入るわよ」
 ドアを開け入ってきたのはクリシュナだった。
「叔母様どうしました?」
「いやね、あんたがスランプに落ちてるみたいだから様子見にきたのさね」
 立ち上がったヴァーシュと入れ違いでベッドに腰を下ろすクリシュナ。
「プティットcでなくて悩んでるんだって?」
「はい・・・、こんなんでみんなの龍特化作れるのか不安で・・・」
「まぁ数狩りゃいつか出るだろうさね。そんな悲観的にならなくたっていいじゃない。私だってスケワカ千匹狩ってもカードでない日もあるさね」
 自らもカード運がないときもあると聞いたヴァーシュは、その桁数を聞くとため息がこぼれる。
「皆様! 昼食が出来ました! お早めにおいでくださいませ!」
 1階からフレアの声が響き渡る。
「悩んでたってカードが出るわけじゃないし、とりあえずお昼にしましょ」
 クリシュナに諭されて部屋を出ていくヴァーシュ。廊下でル・アージュと鉢合わせするとクリシュナが二人の背中を押す。
「早く昼食食べるわよ。フレアが待ってるんだから・・・」
 そして食卓にルシアを除いた4名が集まる。
「あれ? ルシア叔母さんは?」
「朝からジュノーに行くとお弁当持参でまいりましたわ」
 ル・アージュが尋ねると、手際よくテーブルに料理を並べるフレアが答える。本の虫のルシアらしいといえばルシアらしい。
「さぁお昼にしましょ」
 クリシュナの言葉に「いただきます」とこたえる3人。フレアは相変わらず厨房でごはんを摂っている。
「クリシュナ叔母さんは今日狩り行かないの?」
 素朴な疑問をぶつけるネリス。その疑問に「行くわよ」と答えるクリシュナ。
「資金繰りとついでにセラフィーに鉱石類を渡さなきゃいけないからねぇ。ここんところカードが出てないからね、今日こそ出したいところさね」
 パンをかじりながら答えるクリシュナ。本気でランタン3万個集めるつもりでいるらしい。
「ヴァーシュ姉は?」
「私は今日は狩りに行かないわ」
 思うように結果が出ないヴァーシュは、クリシュナと対極してテンションが低い。
「本気でカード出したいなら千匹ぐらい狩らなきゃでないわよ」
「叔母さんが言うと現実味があって頭が下がるわ」
 ル・アージュもクリシュナの言葉にテンションが下がる。

 そして数分後・・・。

「じゃ、行ってくるわ」
 チャンピオンの制服に着替えたクリシュナがテレポートでゲフェンへと飛んでいく。残された4人はめいめい家事の手伝いやペコペコの世話を始める。
「叔母さんと何話してたの?」
 ペコペコの世話をしながらル・アージュがヴァーシュに問い始めた。
「カードが中々でないから、相談に乗ってもらっただけよ」
「ふーん・・・。カード出した事ない私には縁のない話ねぇ。ま、叔母さんの運に比べりゃそう思わざるをえないか・・・」
 あっけらかんとするル・アージュをよそに、ヴァーシュは真剣に悩んでいた。
 確かにヴァーシュは女所帯のうちで2番目くらいにカード運がある。でも、最近はそのカード運も尽きたのか中々カードが出てこない。・・・が、ル・アージュにしてみれば贅沢な悩みだと言える。
「とにかく期待はしてないから気楽に狩りすればいいじゃん」
「ホントに期待していないの?」
「当たり前でしょ。カードなんて中々出ないんだから、期待する方が悪い気がするわよ」
 ル・アージュの本音が聞けたのが嬉しいらしく、ヴァーシュの顔に笑みが戻る。
「じゃあ私、今日風呂当番だからお湯を沸かしてくるわ」
 颯爽と風呂がまに走っていくル・アージュを見て、少し気が楽になったヴァーシュだった。
[PR]

  by lywdee | 2010-04-13 11:46 | Eternal Mirage | Comments(0)

チャンプLv89

 パラがちょっと恋しくなり始めたリューディーです。こんばんわ。

f0158738_18153468.jpg もう毎日の日課と化した廃鉱で、3日前に若c出しました。
 昨日一昨日はカードは出ずにET行ったり、廃鉱篭ったりしていたんですが、出たのは昨日のミストcだけです(ぅw=;)ナケル
 当然厄払いにポリンに食わせてきました。きっと初心者様に厄がうつってしまう事でしょう。



f0158738_18203060.jpg
 そうこうしているうちに、チャンプがLvアップ。これでオーラとも組める。

 ちょっとパラが恋しいけれど、資金繰りしないと装備が整わないのでもう少し女垢で頑張っていきたいところ。石炭、鋼鉄を溜めていつかまた製造するために材料の確保が必要なんです。
 おまけで若cが出てくれれば資金も潤うはず・・・?

 とりあえずランタン30K集まるまで女垢で頑張ってみようかな? なんて思っていますが、受け渡しもあるんで2:1で課金していこうかなと考えております。一攫千金のリューディー、クリシュナに対し、チェイサーは地道なネイチャ集めが待ってるんですがね、今のままじゃデモパンの相手がきついので、StrほっといてさっさとDex上げないといけないのですよ。だから当分はチェイサー動かしても土精相手が関の山って感じです。

 とにかく、当面の資金をクリシュナに託し、PCの機嫌がいいうちに廃鉱通っていくことでしょう。

 ではまたネタ探しに出かけるか・・・。
[PR]

  by lywdee | 2010-04-10 18:35 | RO戦記 | Comments(0)

クリシュナの強運は続く・・・

 ネタが出来たのでこんな時間から更新するリューディーです。こんばんわ。

 今日も今日とて廃鉱通いのクリシュナですが、昨日の今日で感じでまた若c出しました。今回は4時間ぐらいかかったかな? 今回の分は中型特化弓がほしいという、この間転生転職したスナ様にギルメン価格で2枚売却。値段はヒ、ミ、ツ。
 物が物だけにあんまり安くしてあげられないけど、とりあえず市場で出回る金額より安いのは確か。安く売った分、アイテムの移動受け渡しなど体で払っていただくことに・・・。

 ・・・で、今回はそこで終わりじゃなかった。

f0158738_023592.jpg 狩りに復帰して数十分、なんかカードでたなと思っていたらガイアスcがポロリと落ちていました。売れるのかこれ? って感じですが、某サイトで調べたらそれなりのお値段ついていてびっくり。ここ数日、1日にカード2枚がってな感じが3回も続いているのですが、3回も続くとしばらく出ないんじゃないかと心配になります。

 現在クリシュナに資金繰りとアイテム集めに走ってもらってますが、中型特化欲しいからと言ってあまり大きな期待はしないでくださいね。マジ資金ヤバイんで当分誰の期待にも応えられません。とりあえず資金繰りが終わった頃を見透かしていただいて、それでカードの集まり具合によってでしか答えられないので、少なくとも1ヶ月後ぐらい様子を見て、聞いてみてください。

 最低30Mぐらい稼いだら(若c5枚分ぐらい)とりあえず様子を見てみるつもりです。まぁ毎日出してるわけでもないので過度の期待にはご注意ください。

 そうそう、廃鉱通っていたらチャンプのベースがもうじき上がるという結果が・・・。@15%ぐらいかな?1日3~5%ずつ稼いでいるようで、@10日もしたらチャンプLv89になり一応オーラとも組めるようになります。といってもG狩りでもなけりゃオーラとPT組む事もないだろうがね。

 まぁなんですね。翌月分の課金はこのまま行くと女垢継続の可能性大ですね。男垢でもいいんですが、ドロップとカードの売却考えると女垢のほうが資金繰り早そうなんですよ。若cはまだ需要ありますし、売値も安定してるしレイドcより高いですからね。製造のために鋼鉄も増やしていきたいし、地味にエルニウムも溜まっていくんで騎士団通うより効率いいかも・・・。まだチェイサーでスリッパ狩りできないんでね。

 そんなわけで狩り頑張っていきますんで、温かい目で見守ってくださいな。

 では今日も頑張ろう。(´・ω・`)ノシ
[PR]

  by lywdee | 2010-04-07 00:32 | RO戦記 | Comments(0)

Eternal Mirage(67)

 その日、朝からニコニコしてるネリスがいる。理由は当然過剰チンクエディアにスケワカカードが2枚も刺してもらったからだ。
「クリシュナ叔母さん大好き!」
 喜びのあまり、カードを出した張本人に抱きつきネリスは中々離れようとはしなかった。
 しばし困惑気味だったクリシュナも、ネリスを落ち着かせ自身はそっと身を引いた。
「これでアンタも過剰特化が手に入ったんだからもういいでしょ?」
「うん! これでコンバーターも使えば土精退治が楽になる。フフフフ」
 微笑むネリスを置いといてクリシュナは食堂のテーブルにつく。
「・・・でも叔母さんカード運強すぎない?」
「狩ってる数が違うもの、根性出せば大概出るさね」
 先に食卓についていたル・アージュがぼそっとつぶやくと、クリシュナは当たり前のようにホットミルクを飲みながら答える。
 そう答えられるとぐうの音も出ないル・アージュ。自分はそんな長時間狩りなどしたことがない、というよりHP回復の手段が白ポに限られるため長時間狩りする事さえ難しい。
「私もカード目当てで狩りしてるけど、叔母様ほど運がよくないのね・・・」
 悲観気味のヴァーシュだったが、ミルクを飲み干したクリシュナが言葉をさえぎる。
「狩ってる数が違うって言ったでしょ。フィールドとダンジョンならダンジョンの方が数多いからね、そう悲観することもないさね」
「でもやっぱ叔母さん凄いわ。ネリスのチンクエディアが手にはいってから1週間と経たずに出してきたんだもの・・・」
 カード運に恵まれていないル・アージュにとって、クリシュナの存在はまるで後光が射してるかのように思える。しかもネリスの分だけじゃとどまらず、セラフィーの武器のために数枚キープしてるほどである。
「ネリス! アンタもそろそろ食卓につきなさい! 朝食はみんなで食べる約束でしょう!」
 クリシュナに怒鳴られ我に返るネリス、それだけ自分専用の過剰特化装備が出来た事が嬉しいようだ。
「ほわぁ・・・、朝から賑やかだねぇ・・・。ネリス、そんなに嬉しいのかい?」
 あくび混じりで食卓につくルシア。特化装備とは縁のないセージにしてみれば前衛職の装備には興味がないようだ。ただし自分の防具に関しては話は別のようだ。
 そうこうしてるとフレアが朝食を食卓の上に並べていく。今日は朝からステーキとサラダが用意されてる。
「でもホント叔母さんには頭が下がるわ。あんな廃鉱によく2時間も3時間も篭れるものだわ・・・」
 パンをついばみながらル・アージュがクリシュナを見る。
「セラフィーに石炭やら鋼鉄やら送ってあげたいしね。それに資金繰りもあるし、廃鉱は私にとってちょうどいい狩場なのさね」
「いいなぁ、私なんか行くとこ行くとこ白ポの消費が早いもの・・・。どっかいい狩場がほしいわぁ」
 ル・アージュは愚痴にも似た台詞で天井を見上げる。元の取れる狩場がない今、出費は抑えておきたいので狩りにも出ていない。時々運動のためにヴァーシュから中型特化トライデントを借りて、ジオグラファー相手に槍を振るってるくらいだ。
 それでもこの間は男所帯の渚 レイを捕まえてオーク西の村でハイオーク狩っていたが、支援無しだと元手なんか取れないことに気付いたくらいだ。
「ルシア叔母さんはいいよね。ジオグラファー狩ってるだけだし、白ポ代もかからないし・・・」
「ヒルクリなけりゃ私だって狩りしないわよ。装備に刺すカード探してるついでだし、足代さえ稼げりゃそれでいいもの」
 クリップを指先でクルクル回しながらル・アージュを見るルシア。今の装備の都合上、ジオグラファー狩ってるほうが楽らしい。
「汎用性重視にすれば行ける所増えるんだけどね。今は資金繰り中だからジオでも狩ってりゃ元は取れるからねぇ。私だって我慢してるのよ」
「むー・・・。やっぱ今は我慢しなきゃならないのね・・・」
「そういうこと、資金繰りは私とリューディー、それにシル・クスが担当してるし、お金がなきゃ白ポ代で資金一気に減っちゃうから、もう少し我慢しておくれ」
 クリシュナに諭されても不満がおさまらないル・アージュだったが、一番お金のかかる時期なのでこれ以上狩り場の不満は言えなかった。
「・・・で、クリシュナ叔母さんまたランタン3万個溜めるつもり?」
「そのつもりよ。カード最低でもあと6枚くらい売るために欲しいしね」
「そうサラッと言える叔母さんが羨ましいよ・・・」
 朝食の時間も終わりをむかえ、いつものようにフレアが食器を片付けていく。今日の狩りにはクリシュナ、ルシア、ヴァーシュが出かけるようだ。服を着たり鎧を着たりと準備していく。
「ヴァーシュ、とにかく数よ数!」
「わかりました。頑張ってみます」
 こうして一日の狩りの始まりは、きびきびと指示するクリシュナの言葉から始まるのだった。
 留守番組はそれぞれフレアと買出し行ったり、お風呂の支度したりと家事を手伝うのが日常なのである。
「さぁ今日もがっちりカード狙うわよ!」
 さも当然のように「カードを出す!」と言うクリシュナの強運が何処まで続くのか、それは誰にもわからないのであった。
[PR]

  by lywdee | 2010-04-06 12:28 | Eternal Mirage | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE