<   2015年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

Eternal Mirage(179)後編

「師匠! おはようございます!」
「まだ弟子にした覚えはないわよ。とにかく入りなさい」
 嬉々とした笑顔で若い女モンク「カー・リー」が女所帯の居間に通される。
 彼女がこれからどうなるのか、ル・アージュ、ヴァーシュ、ネリスの3人は食堂から見守っていた。
「とりあえず、私の弟子にするか悩んだ結果、あなたに試練を与えます」
「・・・試練?」
「そう。私の弟子になりたいと言う以上、私はあなたを試さなければならない。まぁ根性はありそうだし、簡単な試練を用意したわ」
 クリシュナが簡単と言ったことに対し、違和感を感じたル・アージュとヴァーシュ。
「伯母さんが言う簡単って、絶対に怪しいわね」
「そうね。あの人に話を通したって言ってたものね」
 小声で話し合うル・アージュとヴァーシュ。
「・・・で、その試練とは?」
「なぁに、簡単な事さ。スケルワーカーカードを1枚持ってくる事。あなたの運と根性を試させてもらうわ」
(カー・リーさんご愁傷様・・・)
 ル・アージュとヴァーシュ、二人は同時にそう思った。
「カ・・・、カードですか・・・」
「そう、期限は一か月、手段は問わないわ。出してくるもよし、買ってくるもよし、盗んでこなければ合格よ。簡単でしょ」
(鬼だ・・・)
 ル・アージュはそう思った。
「な、何かアドバイスを・・・」
「そうねぇ・・・、とにかく私の弟子になりたいのなら素早くなりなさい。以上」
 なにかをふっきったように、クリシュナは笑顔でカー・リーを見送った。
 そして昼になると、試練について疑問に思っていたル・アージュがクリシュナに尋ねた。
「伯母さん、カード出す試練って、厳しすぎない?」
「そんなことないわよ。1日千匹倒せば1か月で3万でしょ。収集品の売却をすれば1か月で何とかカード買えるお金にはなるわ。まぁそれだけ倒せばカードの1枚ぐらいでるかもね。まぁそれぐらいのことできなければ私の弟子なんて勤まらないわ」
(やっぱ鬼だ、この人・・・)
 ハハハ・・・と力ない笑い声をあげたル・アージュ。顔は少しこわばっていた。
「これで1か月何もなければ、体よく弟子入りを断れるんだけどねぇ」
「でも伯母さん。もしカード出してきたらどうすんの?」
 ネリスがふと口走る。
「その時は仕方ない。弟子にするしかないわ」
 紅茶を飲みながらあっさり答えるクリシュナ。「めんどくさいなぁ」と顔に書いてある。
「まぁ保険はかけてるし、様子見といったところかねぇ」

 それから3週間後・・・

「師匠! カード出ました!」
「はぁ・・・、仕方ないわね。弟子入りを認めるわ」
「? 疑わないんですか?」
 居間のテーブルにスケルワーカーカードを出したカー・リーは、あっさりと認めたクリシュナに疑問をぶつけた。
「あなたの後ろ、見てごらんなさい」
「へ・・・?」
 そう言われてカー・リーが振り向くと、居間の壁にもたれかかった一人のシャドウチェイサーがいつの間にやら佇んでいた。男所帯のシル・クスだ。
「悪いけど監視をつけさせてもらったわ。カードを出した経緯は彼が証明してくれた。そういうことよ」
 今の今まで監視がついていたことに気付かなかったカー・リーは、改めてシャドウチェイサーの気配を殺す能力に恐怖を覚えた。
「・・・で、とりあえずそのカードどうすんの? 自分で使うの? 売って装備を整えるの?」
「どうしましょう・・・?」
「自分で使う気ないなら売っちゃいなさい。あなたの装備を整えるお金は出さないから」
「じゃあ売ります」
「前にも聞いたけど、あなた、爪派? 鈍器派?」
「師匠と同じ爪派です」
「じゃあ弟子入り記念ってわけじゃないけど、コレをあげるわ」
 そう言ってクリシュナは、カー・リーの目の前に使い込まれたフィンガーを差し出した。
「これは・・・?」
「私のお古で悪いけど、過剰スピリットハリケーンフィンガーよ。もう使わないからあなたにあげるわ」
「ありがとうございます!」
 嬉々とした笑顔でフィンガーを手にはめるカー・リー。
「用は済んだな。報酬はセラフィーに渡しといてくれ」
 そう言ってシル・クスは静かに女所帯を後にした。
「さて、どうしたものか・・・」
 目の前でフィンガーをはめ喜んでるカー・リーを見つめるクリシュナ。
「とりあえずあなたの家まで行くわ。正式に弟子にした以上、挨拶ぐらいはしないとね」
「はい」
「じゃあ出かけてくるわ。行くよ、カー・リー」
「ハイ! 師匠!」

「クリシュナさんが師匠ねぇ・・・」
「うん。カー・リーって子が試練をクリアしたからだって」
 ネリスはシル・クスの報酬を払うため男所帯にやってきていた。
「カード出してこいなんて、クリシュナさんらしいな」
 セラフィーはタバコを吸いながらネリスにシル・クスのメモを渡した。
「50万zね、今出す」
 ネリスは財布を取り出し、セラフィーにお金を手渡した。
「確かに受け取った。まぁアイスでも食べてけ」
「わぁい!」
「・・・で、弟子ってことは住み込みか?」
「んーん、実家から通うって」
「へー、アカデミー卒業者なんだろ? その子」
「うん。なんかね、アコライト時代に伯母さんに助けられて、それでモンクになったんだって」
 アイスを食べながら、ネリスはセラフィーに弟子入りの経緯を話した。
「なるほど・・・、要は支援もできて壁にもなれるクリシュナさんに憧れたってわけかな?」
「まとめるとそうなるかも」
「本人は自覚してないが、優しいからな。クリシュナさんは・・・」
 煙草を吸い、煙をくゆらせながらセラフィーはつぶやいた。
「じゃあ私帰るね」
「あぁ、ご苦労さん」
 バタンと音を立てて帰るネリスを見送ると、セラフィーはタバコを灰皿に捨て腰を下ろした。
「いったいどんな修行をさせるのやら・・・」
 セラフィーはそう言うと、暗くなり始めた外をただ見つめるのであった。
[PR]

  by lywdee | 2015-06-12 09:28 | Eternal Mirage | Comments(0)

Etrenal Mirage(179)前篇

「弟子にしてください!」
 とある昼下がり、クリシュナの家に銀髪ショートヘアの若い女モンクが訪ねてきた。
「私は弟子なんかとらないわよ。残念だけど帰ってくれる」
 そんな若いモンクに、クリシュナはさらっと答えて立ち上がる。
「姉さん、そんな事言わないで弟子にしてあげたら? 別に減るもんでもないんだし」
「アンタは黙ってなさい!」
 ルシアの一言に、目を閉じ怒鳴るクリシュナ。
 ル・アージュやヴァーシュ、ネリスら3人はそのやり取りを黙って食堂で眺めていた。
「女の修羅なんて他にもいるはずよ? 悪いけど他をあたってくれるかしら」
「わかりました。今日は帰ります。でも、私は諦めません!」
 若いモンクは少々うなだれた様子でクリシュナの家を出ていった。
 だが、これは始まりにすぎなかった。

 翌日

「姉さん、あの子また来てるわよ」
「ほっときなさい。そのうち諦めるわよ。きっと・・・」
 ドアの窓ガラス越しに外の様子を伺うルシアに、クリシュナはさらっと答える。
 ルシアが見ているのは、外で正座して何かを待つ若いモンクであった。
「あの子、クリシュナ伯母さんが弟子にするまでああしてるつもりなのかな?」
 居間で勉強してるル・アージュが呟く。
「買い出し行きづらーい!」
 ネリスのぼやきが食堂にむなしく響いた。

 二日目

「伯母さーん、あの子今日もきてるよ」
 朝一で買い出しに出かけていたネリスが、静かに玄関の扉を閉める。
「クリシュナ伯母さんなら出かけているわよ」
 居間でルシアに勉強を見てもらっているル・アージュが答えた。
「ルア、そこ間違ってるわよ」
「え? あ、ほんとだ・・・」
「さて・・・、姉さんがどう出るか。あれで結構頑固だからなぁ・・・」

 その頃、聖カピトリーナ修道院では・・・。

「無涯長老! 何故私をあの子の師に勧めたのですか?!」
「その話か・・・、確かに私は君の名を出したが、勧めたわけではない。むしろ難しいとは言ったがね」
「そうですか・・・。では他の修羅に師事を求めるよう書文を書いてもらえませんか?」
「それはできない」
「何故です?!」
「君が弟子を取りたがらない理由は知っている。・・・が、しかし、私から師事を変える行いをするのは公平ではない」
 長老の言葉に、苦虫をかみしめた顔で聴いているクリシュナ。
「納得はできません」
「だろうな。まぁどうするかは君に一任する」
「わかりました・・・」
 ワープポータルを出し渋々帰るクリシュナだった。

 五日目

「雨だというのに、あの子も粘るねぇ・・・」
 紅茶を口にしながら、ルシアは玄関のガラス越しに外を眺めていた。
「あ、倒れた」
「ふぅ・・・、仕方ないわねぇ・・・」
 居間で紅茶を飲んでいたクリシュナが重い腰を上げた。
「ルア、悪いけど食堂で勉強してくれる」
「うん」
 クリシュナはそう言うと玄関から出て行って若いモンクを抱き上げ、居間のソファーに寝かせた。
「フレア、氷水と手ぬぐい、それと毛布を一枚持ってきて」
「かしこまりました」
 そう言うとクリシュナは、自分の荷物入れから緑ポーションを出して若いモンクに飲ませた。そしてフレアが用意した氷水に手ぬぐいを浸し、若いモンクの額に乗せた。
「私のモンクの頃の服、まだあったはずね・・・。ネリス、アンタの下着貸して」
「ハーイ」
 クリシュナは自分の部屋からモンク時代の服を持ってきて、若いモンクの服を脱がし始めた。
「伯母さんハイ!」
「毛布をお持ちいたしました」
「ん、ありがと」
 クリシュナとフレアが協力して若いモンクの服と下着を取り換える。濡れたモンクの服は暖炉のそばにフレアがつるした。
 それから数時間後、若いモンクはガバッと起き上がる。
「ここは・・・?」
「私の家よ」
 起き上がった若いモンクにジンジャーティー差し出すクリシュナ。
「あの・・・、私・・・」
「無茶する子は嫌いよ」
 目を閉じ紅茶を口にするクリシュナ。その態度からかなり機嫌が悪いことがうかがえる。
「あなた、名前は?」
 ティーカップを置いたクリシュナが若いモンクに名を尋ねた。
「カー・リーです・・・」
「いくつ?」
「15です・・・」
「15ねぇ・・・」
 カー・リーと名乗った若いモンクは、バツが悪そうにクリシュナの質問に答えていく。
「最後に、どうしても私じゃなきゃダメなの?」
「はい・・・、それだけは譲れません!」
 最後の質問に答えたカー・リーは、真剣な眼差しでクリシュナを見据えた。
「ふぅ・・・。あなたの熱意は認めるわ、でも今日はもう遅いし帰りなさい。明日改まって来なさい。あなたをどうするかは明日まで考えさせて」
「わかりました!」
 質問攻めにあったカー・リーは、暖炉の前に干してあった自分の衣服を持ち、ワープポータル出した。
「ご迷惑をおかけしました!」
 そう言い残し、カー・リーはワープポータルで帰っていくのであった。
 クリシュナはクリシュナで、ため息一つこぼして立ち上がる。
「ちょっとセラフィーの所に行ってくる」
 そう言い残し、クリシュナは傘を持って出かけていくのであった。
[PR]

  by lywdee | 2015-06-09 12:15 | Eternal Mirage | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE